コンテンツマネジメントシステムで複数作業

パソコン支店や店舗の数が多い場合、複数のWebサイトの作成が必要となってきます。複数のWebサイトを作成するためには、コンテンツマネジメントシステムの複数導入が必要なのでしょうか?また、Webサイト管理者にとっては、複数のWebサイトの運用管理が複雑になりそうで導入を懸念してしまうこともあるでしょう。

複数サイト作成サービスを利用すれば、1つのコンテンツマネジメントシステムを導入するだけで複数のWebサイトの運用可能です。例えば、複数の支店や店舗から個別情報を発信したいとき、本社や本部だけですべてのサイトを更新することは時間も手間もかかりますので、大きな負担となります。できるだけ複数人で作業分担したほうがWebサイト管理者の負担も軽減されます。そこで、複数サイト作成サービスを利用すれば、複数人で同時に作業することができます。支店、店舗の担当者が個別にサイトを更新できますから、たくさんある情報を短時間でWeb発信できます。また、グループ企業のWebサイトのイメージを統一、一括管理することもできます。

複数サイト作成サービスで、Webサイトの更新作業は、支店、店舗の各担当者にまかせることができます。また、Webサイト管理者が事前にサイト内容をチェックし、承認するまでは公開されませんので、本社や本部で管理、統制をとることができます。コンテンツマネジメントシステムを一つ導入するだけで、複数のWebサイトを運用管理できますので、Webサイト管理者の負担も軽減されます。

推奨サイト:コンテンツマネジメントシステムの導入【vibit CMS Neo】


コンテンツマネジメントシステムの管理機能

男性Webサイトに投稿した記事の内容に間違いや問題があったりすると会社の信用問題にも関わります。Webサイトのコンテンツをしっかりと管理したいけれど、ひとつひとつ内容を確認するためには時間も労力もかかります。どのように対策すればいいいのかお悩みのWeb管理者もいらっしゃるでしょう。

間違いや問題がある記事の投稿を防ぐためには、投稿前にWeb管理者が内容を確認するフローを追加する必要があります。そこで、コンテンツマネジメントシステムの認証フロー機能は便利です。例えば、「ライターが記事を書く→Web管理者へメール通知→Web管理者が承認」といったフローを実現することができますので、Web管理者が承認するまでは記事は公開されません。また、Web管理者へメール通知をすることで、確認漏れを防ぐこともできます。商業施設など複数人担当者がいるサイトで活用できます。

また、Webサイトのコンテンツは会社の財産です。良質なコンテンツが欠かせませんが、継続することも大事です。記事の内容にリライトが必要かないか、リンク切れはないかなど過去のサイトをひとつひとつ手動で確認するには時間もかかり、Web管理者の負担が大きくなります。コンテンツマネジメントシステムのコンテンツ管理機能は、一定期間確認されていない記事の一覧がリストアップできるため、確認漏れを防ぐことができます。期間については、1年や半年など任意に変更できます。

コンテンツマネジメントシステムは、デザインとコンテンツが分離されています。これによって、コンテンツはそのままでデザインを変えることができますので、運用は楽にはなりますが、コンテンツはしっかりと管理しておくことが重要です。コンテンツマネジメントシステムの認証フロー機能やコンテンツ管理機能を利用することで、安全で更新頻度の高いWebサイトが実現できます。

 

コンテンツマネジメントシステムで複数作業


コンテンツマネジメントシステムで簡単操作

Webサイトのページを作成するにあたって、リッチテキストエディターを導入したことはありませんでしょうか。リッチテキストエディターは、Microsoft Wordのような感覚で記事を入力することができます。しかし、実際に作業をしてみると、本文編集欄にhtmlタグを追加しながら、定められた順番で情報追加の必要があるため、HTMLなどの知識がないと作成や更新が難しいです。

パソコンコンテンツマネジメントシステムのカスタムフィールド機能は、HTMLなどの知識がない投稿編集者やWeb担当者も簡単にサイトのページの作成や更新をすることができます。カスタムフィールド機能は、デフォルトで構成される投稿画面のタイトルと本文に情報を追加できる機能です。例えば、ブログ記事の最後に定型レイアウトで一言を添えたいときや、不動産物件の紹介のようなたくさんの情報を取り扱うときに活用できます。

カスタムフィールドの入力項目を一度設定してしまえば、あとは投稿画面で入力欄を埋めるだけです。また、追加したい項目を選んだり削除したりと簡単にカスタマイズもできます。カスタムフィールドに入力した情報は、メタデータと呼ばれていて、それぞれにIDや名前などの情報が紐づいています。複数のメタデータが含まれている場合でも、IDや名前を指定することで、特定のメタデータだけ表示することも可能です。この仕組みで、Web記事の下にこのメガデータ、サイドバーにこのメガデータなどレイアウトの自由度もあがります。そして、項目ごとにフィールドが分かれているので、見た目の統一や、意図しないデザイン崩れを防ぐこともできます。

カスタムフィールド機能を利用すれば、HTMLなどの知識がなくても誰でもWebサイトを簡単に操作でき、編集が可能です。作業の負荷分散できますので、Webサイト運用の効率化が期待できます。

 

コンテンツマネジメントシステムの管理機能


コンテンツマネジメントシステムの選定

Webサイトやコンテンツを管理するシステムとしてコンテンツマネジメントシステムがあります。導入を検討しているけれど、どれを選定するべきか迷われているWebサイト担当者もいらっしゃるでしょう。何を基準にコンテンツマネジメントシステムを選定すればいいのでしょうか?

まず、コンテンツマネジメントシステムを導入して何を実現したいかを具体的に考えるべきです。コンテンツマネジメントシステムは、PHPやPerlというプログラミング言語でつくられています。やろうと思えば、モジュールやプラグインを開発し、なんでも実現することができます。コンテンツマネジメントシステムによっては、実現したい目的のため多くの工数がかかることもありますし、基本機能だけで実現することもあります。

お金Webサイトの更新情報、ニュース記事、ブログなど毎日更新される内容は、規模が大きくなるほど数が多くなります。コンテンツマネジメントシステムを導入すれば、Webサイトを効率的に運用できます。また、専門的な知識がなくて人でも運用できる簡単な仕組みを作ることもできますので、運用のコストダウンを実現することも可能です

コンテンツマネジメントシステムの導入で大切なのは、無理なくWebサイトを運用することができるようになることです。そのためには、Webサイト担当者の人数や対応時間、更新内容、作業内容、何を管理する必要があるのかなど明確な要件定義が必要です。このサイトでは、コンテンツマネジメントシステムの便利な機能をご紹介していますので、導入の参考にしていただければ幸いです。

 

コンテンツマネジメントシステムで簡単操作