コンテンツマネジメントシステムの管理機能

男性Webサイトに投稿した記事の内容に間違いや問題があったりすると会社の信用問題にも関わります。Webサイトのコンテンツをしっかりと管理したいけれど、ひとつひとつ内容を確認するためには時間も労力もかかります。どのように対策すればいいいのかお悩みのWeb管理者もいらっしゃるでしょう。

間違いや問題がある記事の投稿を防ぐためには、投稿前にWeb管理者が内容を確認するフローを追加する必要があります。そこで、コンテンツマネジメントシステムの認証フロー機能は便利です。例えば、「ライターが記事を書く→Web管理者へメール通知→Web管理者が承認」といったフローを実現することができますので、Web管理者が承認するまでは記事は公開されません。また、Web管理者へメール通知をすることで、確認漏れを防ぐこともできます。商業施設など複数人担当者がいるサイトで活用できます。

また、Webサイトのコンテンツは会社の財産です。良質なコンテンツが欠かせませんが、継続することも大事です。記事の内容にリライトが必要かないか、リンク切れはないかなど過去のサイトをひとつひとつ手動で確認するには時間もかかり、Web管理者の負担が大きくなります。コンテンツマネジメントシステムのコンテンツ管理機能は、一定期間確認されていない記事の一覧がリストアップできるため、確認漏れを防ぐことができます。期間については、1年や半年など任意に変更できます。

コンテンツマネジメントシステムは、デザインとコンテンツが分離されています。これによって、コンテンツはそのままでデザインを変えることができますので、運用は楽にはなりますが、コンテンツはしっかりと管理しておくことが重要です。コンテンツマネジメントシステムの認証フロー機能やコンテンツ管理機能を利用することで、安全で更新頻度の高いWebサイトが実現できます。

 

コンテンツマネジメントシステムで複数作業